SharExperience

日々の暮らしで見つけた「誰かの役に立つかも」をつづります。

長靴愛

今週のお題「雨の日の過ごし方」

 f:id:utimdk:20180609233705j:plain

 関東地方も梅雨入りしましたね。

 

私にとって雨の日の過ごし方の理想形とは、

雨音を聞きながらの2度寝でしょうかね。 

予定のない日の雨の音ほど美しく聞こえるものはありません。(笑)

 

1日外に出る必要がない日などは、

「じゃんじゃん降れ!!」

と思いながら部屋でお茶を飲んだりしています。

 

 

雨の日のお出かけ。

憂鬱になる方も多いと思います。

 

雨が嫌い、その理由はなんですか?

 

服やカバンが濡れるから、髪型が決まらないから、

傘をさして歩くのがおっくうだから、

電車の中の湿度が増すから・・・(←これは嫌)

 

さまざまだと思いますが、

私が雨を嫌う理由を一つ挙げるなら、

 

靴下が濡れるのが大っ嫌い。

 

 

この一言に尽きます。

 

過去に一度、コンバースを履いて出かけた日に大雨が降ったことがあります。

水を大量に吸ったキャンバススニーカーは重く、

しかもこれでもかというくらいに足を締め付けてきます。

いっその事靴下を脱いでみるのですが、素足への締め付けは

ますます強くなるばかり。素足にくっきりと靴の跡がつくほどでした。

おまけに濡れた靴下を持ち歩くのも気分が滅入り・・・

 

本当に最悪でした。

 

 

なので、どんなに小雨でも、

午後には雨が止む予定でも、

必ず長靴を履いて出かけることにしています。

 

長靴を履いていれば洋服の裾も、

靴下も気にする必要がありません。

足元の水溜りに気づかずIN・・・

なんてこともありません。

 

なんならちょっと浮かれ気味に、

水溜りの水をチャポンと蹴り上げることだってできます(笑)

みんなが避けて通る大きな水溜りも気にする必要がありません。

 

長靴をはけば雨の日も晴れの日も何ら変わりはありません!!!

本当に、雨の日のお出かけの気後れが一切なくなりますよ。

 

なぜ人々はもっと長靴を履かないのでしょうか。

見た目がダサい、という理由もあるでしょうが、

今は本当に色々なデザインがありますし、何より必要なのは慣れです!

 

さすがに長靴はちょっとかさばるので何足も所有できませんが、

今はシンプルなブラウンのものを愛用しています。

以前は白地にプリントがしてあるものや、編上げブーツ風の物も履いていました。

 

一度慣れてしまったら、手放せませんよ。

 

みなさん、

長靴を履いて雨の日を過ごしましょうよ!

 

 

 

 

ちなみに、私が雨の日に懸念しているのは

靴下が濡れるということだけなので、

夏は雨の日も晴れの日もビーサンで事足ります。(笑)

(足が濡れるのはまったく気にならないんです)

 

 

 

おわり。