SharExperience

日々の暮らしで見つけた「誰かの役に立つかも」をつづります。

メルカリ:はじめての沖縄・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・

沖縄へは何度か行ったことがあります。

 

しかし、メルカリで売れたものを沖縄へ送るのは

初めてのことでした。

 

と言っても、

発送する時には特に意識していなかったのですが。

 

ゆうゆうメルカリ便のコードを発行する際に、

発送先の都道府県名だけ見られますよね。

(私はいつも匿名取引です)

 

その時にいつも

「あ〜、この服は宮崎に行くのか〜」とか

「青森でこのシャツはまだ寒いだろうな〜」とか

勝手な妄想をしているのですが。

 

 

今回の発送をした時も、

「お〜、はるばる沖縄まで行くんだなぁ」

なんて一瞬思っただけでした。

 

ところが、発送から3日が経ち、4日が経ち、

メルカリから何の音沙汰もないことに気がつきました。

 

「あれ?そういえば

 まだ到着してないの??」

 

追跡番号から情報を見てみるも、

ステータスは未だに私の最寄りの郵便局(神奈川)で「引受」。

ゆうパケットでは、あまり細かい追跡はできないのですね。

 

・・・本州、九州を渡るのに4日以上かかるのか?!

と、ちょっと驚きでした。

 

ちなみに、北海道に発送した時には、

気にならない程度の時間で届いていました。

 

少し心配になって、「メルカリ 沖縄へ発送」で検索・・(笑)

 

すると、5日〜7日かかるのはいたって普通。

そして、

沖縄の人は慣れているので

心配しなくて大丈夫!

との情報を読んで一安心(笑)

 

こうなったら、一体何日かかるのか、

楽しみに待つしかありません。

 

 

そして発送から5日目・・・

 

気にし始めた翌日、荷物はやっと沖縄に到着。

 

f:id:utimdk:20190923142534j:plain

その翌日(発送から6日)に、無事に先方へ届いたようです。

 

よくネットショッピングをしている時に、

「北海道・沖縄・離島は送料別」なんて書いてありますよね。

自分が本州に住んでいるので、今まではさして気にとめていませんでした。

でも、こうして自分が荷物を送る側になって、

改めて日本の広さを痛感しました・・・(笑)

 

また、沖縄へ荷物を送るのにどのくらい時間がかかるか調べている時、

配送が遅れる原因の一つに、大雨や台風の影響を大きく受けるとありました。

 

荷物が届くのに1週間かかるのは当たり前。

風が強ければ飛行機も船も止まるのだから・・

それでもいつかは来るから・・

そんな感じなのでしょうか。

 

縦長の島国、日本。

小さな国だけど、それぞれの土地で文化や県民性が違うのは、

こういうところから来るのかな・・・。

 

便利ならいいってもんでもないのかねぇ。

 

なんて、最後はまったく関係のない方向に行ってしまいました(笑)

 

さぁそろそろ冬物を出品するぞ〜